熊本メスキュード

電話番号 0968-25-0768
TOPページに戻る会社案内産業廃棄物特別管理産業廃棄物収集運搬業務情報公開許可一覧お問い合わせ
トップページ >>産業廃棄物 >> 処理工程

処理工程


メスキュード処理工程 (回収後の処理)

1.電気炉へ投入 2.出鋼 3.製品化

回収された廃棄物は専用容器ごと電気炉へ投入し、2,000℃以上の超高温電気炉へ投入溶融処理されます。

鋼・スラグは1,650℃で出鋼、抽出されます。

抽出された鋼・スラグは製品となり再利用されます。

回収された廃棄物は超高温で溶融後、出鋼・抽出されます。抽出された、鋼・スラグは製品となり再利用されます。
スラグ ⇒ 破砕処理 ⇒ 路盤材 ⇒ 有価物として販売
溶鋼 ⇒ 鋼塊 ⇒ 圧延 ⇒ 鉄鋼製品として販売

メスキュード処理では「再生処理」ですべてリサイクルします。路盤材、鉄鋼製品にて有価販売されますので、焼却、埋め立てなど最終処分には該当しません。

電気炉による溶融処理の特徴 完全リサイクル無害処理

環境にやさしいしょり

高温処理、完全燃焼により排ガス臭気等発生がありません。

すべてをリサイクル

すべてをリサイクルする為、廃棄物は一切出ません。

例)
金属類・・・鉄鋼製品(マテリアルリサイクル)
アルミ類、炭素類・・・脱酸財(ケミカルリサイクル)
プラスチック類・オイル類・・・還元材(ケミカルリサイクル)
カラス類・汚泥類・・・路盤材(マテリアルリサイクル)

適正処理

完全溶融処理・短時間で多量処理